スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダビデの心臓

『ダビデの心臓』(ダビデのしんぞう)は、スズキヒサシによる日本のライトノベル。イラストは尾崎弘宜が担当している。電撃文庫(アスキー・メディアワークス)より刊行されている。2005年7月発売の3巻で第1部が完結となっている。ストーリーダビデの心臓を持つ人間が生き残る為に殺し合いをする話。登場人物ダビデの心臓を持つ者宮沢明日馬主人公。他人の心臓を食うことに対して否定的な考えをしていて、ぎりぎりになるまでダビデの心臓を食べようとはしない、食うときも悪魔化しかけていて激しい飢えに襲われているにもかかわらず心臓に手を付けるときに涙を流すなどの常識的な考えを崩していないのにソロモン期が来てからも悪魔にならないまに何週間も生き残った数少ない人物。3巻の最後で死亡。千鳥明日馬と導く者が同じ。最初は、他のダビデの心臓を持つ者に襲われていたところを明日馬に助けられ、他のダビデの心臓を持つ者よりは安心していいだろうと明日馬と手を組んでいたが徐々に気を許すようになる。1巻で死亡。虎徹千鳥の弟。十歳以下なので導くものがいない。1巻で死亡。千尋明日馬と導く者が同じ。父親に虐待されたことが原因で右足が不自由だが父親の事を怨んではおらず、懇願されてとはいえ父親を殺した事を悔やんでいる。最初は紫微に属していたが紫微がダビデの心臓を持つ者を人工的に悪魔に変えていたことを知り、途中で抜ける。若狭明日馬の同級生。宮沢笙子明日馬の姉。他人の心臓を食うことに対して肯定的な考えをして、父親がソロモン期についていくら説明をしても理解しないのですぐに他のダビデの心臓を持つ者に殺されるだろうと判断して殺した為、その事で明日馬に怨まれている。宮沢奈緒明日馬の妹。ソロモン紀が始まってすぐに殺された。筒山紫微のリーダー。紫微のメンバーに気付かれないようにしながら、ダビデの心臓を持つ者を捕まえて7日間出られないように閉じ込めて悪魔を作り出して悪魔に発信機を仕掛けて追いかけさせている。黄一紫微の一員。紫微の中で唯一筒山の方針に口出しする事ができる人物。筒山が紫微のメンバーに気付かれないようにしながらダビデの心臓を持つ者を人工的に悪魔に変えていることを知っていながら協力している。堂島ユーノの一員。他人の心臓を食うことに対して肯定的な考えをして、他人の心臓を食うことに対して否定的な考えの明日馬の考え方はとても馬鹿げていると明言した

糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研(医療介護CBニュース)
トランスデジタル社長ら逮捕 特定社に債権譲渡疑い(産経新聞)
<民主>田村氏入党を正式決定(毎日新聞)
雑記帳 盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
種子島で震度4、震源は大隅半島沖(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおきひであきさん

Author:あおきひであきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。